AQUA / Expert
研究者・専門家

アイシン
イノベーションセンター グループ長
井上慎介
いのうえ しんすけ 1970年生まれ
主な経歴
金沢大学工学部機械システム工学科卒業…1993
アイシン精機入社
イノベーションセンター グループ長…2021
専門
材料力学、人間工学、生理学
研究テーマ
睡眠研究、微細水粒子生成・放出メカニズム解明、微細水粒子の生体適応可能性
水の研究を始めたきっかけは?
ベッドや睡眠環境の開発をしていたときに、寝室内の湿度を調整することで睡眠の質を向上するというプロジェクトから、水の研究が始まり、空気中の水をとらえて放出するというデバイスを開発しました。放出されるのが特殊な微細水粒子で、肌に当てると角質水分量が上がってそのまま持続するというありえない結果が得られたことから、その不思議を解明したいと思い、今も研究を続けています。
大切にしていること、夢、趣味、エピソード、あれこれ
今回の水の研究と技術開発は全くの新規事業で、当初は会社からの視線が相当厳しかった記憶があります。そんな中、ある物理学者の先生に開発中の技術を紹介したときに、皮膚への効果が立証できればノーベル賞級のすごい発明と言われたことを真に受け、何としても世に出さないといけないという一心で今に至ります。“水”だからこそ、誰もが安心して使えると思うので、その可能性をとことん追求していきたいと思っています。